top of page

「伝統」を守る難しさ

明日、11/23は勤労感謝の日といっているが、本来は新嘗祭。

天皇陛下が新穀を神々に供え、自らも食する日


11/3も文化の日といっているが、明治天皇の誕生日で本来は明治節。



前回のキリコ写真は、「すずちゃん」並に反響があった。


撮影者は、筆者の親戚で、5日ほど前に、お亡くなりになった方。


撮影した昭和30年代は、

封建的な空気がまだ残っていた。

総代が「キリコ巡行中止」と言えば、組長が何を言おうが覆らなかった。

とりたてて「説明して納得してもらう」必要がなかった。

けれど、

だからこそ、「伝統」が残っていたのだと思う。


今は「民主的」になったので、なぜそうなったのか一から十まで説明しないと、皆、納得しない。


だが、皆に納得してもらうことが難しい。


「民主的」とは「話し合う」ことだが、「話し合う」には、話し合いの土台としての「祭りの知識」が要る。


知識には個人差がある。

それぞれに知識の差があるが故に、

揉め事が起こる。

意見が対立しているのでは無く、知識不足が誤解を生んでいる。


「伝統を守る」とは、その地域独特の「知識」を受け継いでいくことだ。

昔ならトップが理解していれば事足りた。

今は違う。

皆が学習しなければならない。


地域独特の、皆で共有する「知識」が無くなれば、「伝統」が無くなり、

「伝統」が無くなれば、

「祭り」が「まつり」になり、単なるイベントと堕してしまう。


閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

コメント


bottom of page