top of page

「加能人8月号(のともんだより)」すずちゃん載る

連日福井で「かみつきイルカ」が話題になっている。

7月26日以降、何度も新聞、テレビ、ネットニュースに出た。


福井新聞、のとじま水族館、越前松島水族館、帝京科学大学アニマルサイエンス学科に聞いてみると、「すずちゃんと同一個体か、調査が進んでいない為、はっきりと分からない」

が、おそらくすずちゃんである。


石川県で人気者だったのに、福井県でなぜトラブルメーカーになったのか?

やはり、「やり過ぎた」のである。


もともと人懐っこいイルカではあったが、だからといって、追いかけるようにして探し回って何十回も泳いではいけなかった。そもそも地元の人間は、(漁師も子供も)夏場以外は海に入らない。故に、バランスが取れていた。

「触らなければ大丈夫」ではなかった。

一緒に泳いではいけなかった(たまになら良いと思うが)。

浜から、又は舟から眺めるべきだった。

元来すずちゃんは人間に対して警戒心が薄かったが、「やり過ぎた」ことによって、人に慣れ、完全に警戒心が無くなってしまった。


もう元に戻ることはない。



閲覧数:109回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page