top of page

「幻の傑作」遂に上映!

35年振りに、珠洲市で上映された。

昭和62年春先、寺家漁港、新田滋家で撮影され、商工会議所2階で、同年11月に一度だけ上映されて以来、全国上映されず、DVDにもならず(20年以上)、話題にもならず、

「幻の傑作」と言われていた『ブラックキャットを追え!』が、ロケ地、珠洲市で35年振りに上映された。


幸丸に警視庁警視役、柴俊夫が乗り込み、北朝鮮工作員が昇漁丸で海上逃げて行くシーンが映し出されている。


他にも、新田家や、白人スパイ女性が日本人男性を誘惑するシーン等、見所満載である。


定期的に上映会を計画中。

(新聞記事、思ったより小さい。当日記事がたまたま多かったらしい。実際少し遅れて上映中そーっと入って来た)。


能越ケーブルネットは、30分前に来て、終了後も観客にインタビューしてくれた。


今週(3/7~)

来週(3/14~)、

「ピックアップ珠洲」(7時、12時〈議会中継日あり〉、18時)で扱ってくれる。


『暗号名 黒猫を追え!』(コードネームブラックキャットをおえ!)

《監督》井上梅次

《キャスト》柴俊夫 榎木孝明 国広富之 田中美佐子 森次晃嗣

昭和62年(1987)/122分


主役柴俊夫が演じたのは寺家塩津出身の警視庁野々村志郎警視。

寺家漁港でクライマックスシーンが撮影された。寺家住民必見の映画。




閲覧数:79回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comments


bottom of page