「無敵の人」は寺家に居るか?

24時間テレビを手掛けた名プロデューサー井原高忠は、

かつて、トーク番組で、

「バカと子供と酔っ払いが嫌いだ。なぜなら、話が通じないから」と発言した。


全く同感である。


昭和7年、首相犬養毅は「話せば分かる」と言ったが、話を聞かないバカに撃たれてしまった。



戦後間もない頃、寺家に「無敵の人」がいた。

若い女性だった。

子供の頃から「無敵」だったので、家に閉じ込められていた。


ある時、何が原因か分からないが、「へーもんで」しまって、近所に放火した。

当時は茅葺きだったので、どんどん燃え広がり、結果、何件も全焼した。瓦屋根の家で火は止まった。


オリンピック期間中、金沢でも東京でも「無敵の人」による事件が起こった。


現代社会はバカが増えた。しかもバカの人権も尊重されるようになった。

話を聞かない、説明しても理解できない、かといって押さえつけることも出来ない。

「まともな人」はビクビクして、「バカ」が大手を振って歩く世になってしまった。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月6日(火)北國新聞朝刊に、 珠洲市三崎町寺家の記事、2件載った。 社会面右側にデッカく「すずちゃんは福井に行ったのか」 石川北にもデッカく「60年前のキリコ絵見付かる」 https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/844744 そして、 本日夕方(9/9) 石川テレビニュース 18:09「すずちゃんは福井に行ったのか」 同日同時刻、 スーパーJチャンネル(関東ロー