top of page

「珠洲岬」は、どこにあるのか?

国土地理院の地図を見ると、能登半島最先端の地、「珠洲岬」は、寺家の金剛崎を示している。


Wikipediaには、いろんな説が載っている。


狼煙の方が書いたブログには、狼煙の禄剛崎が「珠洲岬」の中心と読み取れるような書き方がされている(かなり無理がある)。


数年前、「最先端はどこか」というコラムが北國新聞に載っていたが、

要は、金剛崎がある寺家が「最先端」である。


だが、狼煙が「最先端」だと勘違いしている人が多い。


どうでもよいと思っている人は、船に乗ったことがない人である。


写真を撮ってみた。

一枚目「山伏山と金剛崎」

二枚目「山伏山と金剛崎と禄剛崎」


二枚目は、岬がちぎれているように見える。


この事実が、「最先端」は、金剛崎だという証拠になるのではないだろうか?


後日、「山伏山と長手崎」と、

反対に、北から、「禄剛崎と山伏山」の写真を撮ってみよう。


閲覧数:50回0件のコメント

Comments


bottom of page