top of page

「集会所完成以前、以後」の気持ちの変化 【前編】

寺家に集会所は、それぞれの地区毎に計4つある。


平成8年頃、相次いで完成した。


今では、トイレも洋式化し、エアコンも完備された(市からの補助金と、区とキリコ組の負担金)


地域住民のカラオケ大会や祭り寄合、太鼓の練習等々だけでなく、

緊急時の避難場所にも使われている(地震津波等)。


集会所が出来る前は、それぞれの家に集まって祭り寄合も、太鼓の練習も原発寄合も行われていた。


その当時は、議論が白熱しても、せいぜい22時過ぎには、皆帰った。

それ以降、ごねて残る者は、家人から軽蔑された。


ところが、昨今、

以前とは逆に、

「先に帰る者が軽蔑され、残る者が評価される」かのような風潮が出て来た。


さすがに緊急事態宣言発令中のこの時期にはあり得ないが、

数年前までは、集会所に「閉店時間」が無いため、日が変わっても、ずるずると居続け午前1時を回ることもよくあった。


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comments


bottom of page