top of page

また、「祭り一番」に行きたい

ガクソーから、3軒(駐車場含)隣が「いろは書店」


昨日(8/16)のガクソー特集で、ハンチングを被ったガタイのいい男性の背中が、チラッと映った。

中板電器の駿馬赤兎ではない。


いろは書店の御子息である。


東京池袋で、

居酒屋「祭り一番」を一人で切り盛りしていた。


10年近く前、こっそり一人で行って来た。

「キリコ」はなく、神輿と山車が飾ってあった。


「昔、能登で食べたカレー」というメニューがあった。


非常に丁寧で、キレイな東京の言葉遣い。

東京に馴染んでいた。


正体を明かさず、黙って帰って来た。


「また行こう」と思っていたら、コロナ休業。「祭り一番」が再開する日が待ち遠しい。

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comments


bottom of page