top of page

イノシシの系譜①

かつて、イノシシが話題に上るのは、イノシシ年ぐらいだった。


それぐらいマイナーな存在だった。


目撃され始めたのは、

平成22年(2010)。


筆者が若山町の山奥に自然環境調査に入った時、

「ケモノの足跡がある。毛が落ちている。畠を荒らされて困る」という相談を、地元住民からされた。

まだ正体が分からなかった。

現場写真を撮って金大に送ってあげた。


翌年から、珠洲市の畦に、イノシシ対策の電気柵が、張り巡らされるようになった。


今ではどこにでもいる。

「移住者」より「イノシシ」の方が多い。

昨年末、須須神社の参道も掘り起こされた。


今春、ラスボスの如き、巨大なイノシシが寺家で仕留められた。


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comentarios


bottom of page