top of page

イノシシの系譜③

更新日:2021年7月19日

以前、元本小学校のカフェで、地元の人が

「あんたの父ちゃんと同級生やけど、昭和22年生まれてがイノシシ年で、団塊世代で数だけ多くて、本当のイノシシと一緒で邪魔者扱いされとる」

「イノシシ年生は、融通が利かんと、思い込みが激しく前に進むだけやさかい、周りに迷惑をかける」


確かに、じっくり考えること、後ろを振り返って反省することが苦手なようだ。

だが、それはイノシシ年生に限らない。昨今イノシシが増えたことと比例して、「じっくり考える」ことが苦手な人が増えた。

寺家だけでなく、全国的な傾向である。

テレビやスマホ等の安易な情報に流れてしまう人が増えた。

そのうち、AIの奴隷になってしまう、かもしれない。



現代社会ではイノシシは害獣扱いだが、古来、イノシシを好む神様もいる。


京都、護王神社は、狛犬ならぬ狛イノシシが御祭神を守っている。


また、須須神社を訪れた加賀藩祖前田利家は、戦勝の女神摩利支天を信仰していた。

その神使がイノシシである。

摩利支天はイノシシに乗って現れる。


神の知恵とイノシシの行動力があれば無敵である。


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Commentaires


bottom of page