top of page

イヤサカとは何か?

漢字で書くと、「弥栄」


益々栄える、いよいよ栄えるという意味。


寺家の祭りの、

「ヤッサーヤッサー、ヤッサカヤッサー」という掛け声は、

「イヤサカーイヤサカー」と本来言っていたのが、変化した。


中島町「お熊甲祭」でも、旗を立てる時の掛け声は「イヤサカー」らしい。


宇出津のあばれ祭りは、かつて「いやさか祭り」と呼ばれていたらしく、旧役場前の埋立地は「いやさか広場」


日本ボーイスカウトでは、気持ちが盛り上がると「イヤサカー」と皆で叫ぶ。


今上陛下が皇太子時代、鉢ヶ崎にお越しになられた時、周りのスカウト達が叫んでいた。

「バンザーイ」に近い。


前回の芸術祭時、スタッフが朝礼で、「ヤッサー」と叫んで、締めていたらしい。


閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comentários


bottom of page