top of page

イルカとクジラ

午後14時過ぎ、すずちゃんが馬緤町鰐崎海岸に現れたと聞いて行ってみた。

ひと足遅かったようで居なかった。


とりあえず、周辺を散策すると、「巨鯨の慰霊碑」があった。

曰く、明治以降、馬緤町周辺に、3度鯨が流れ着き、食した。その霊を慰めると。


明治11年、白長須鯨35m

昭和26年、白長須鯨10m

昭和62年、鰯鯨


調べてみると、

4m以上がクジラ、4m以下をイルカと呼ぶらしい。

今年は能登半島で、クジラもイルカも目撃された。


昔から来て居たようだ。



閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

留言


bottom of page