top of page

イルカ大杯 新聞に載る

本日(4/26)北國新聞朝刊 石川北頁に、

「珠洲・須須神社、118年前に奉納されたイルカ大杯発見!」


大きく載った。本当は昨日(4/25)載る予定だったが、諸事情。


名が紹介されている《大工幸太郎》は、いかなる人物か。


明治43年輪島漆器同業組合人名簿に、大工姓は2軒。

もう1軒は、現在も続く「大工治太郎」(蔦屋漆器店)

もしかしたら、現在は廃業してしまった《大工幸太郎》家は、「大工治太郎」家の分家かもしれない。


ともあれ、幸太郎さんのおかげで、イルカ伝説を裏付ける物証が、令和の世にも伝わったのである。


さて、

すずちゃんは、今どこにいるのだろう。

昨年春まで珠洲に居た。寺家にも現れていた。


それから、福井に移動し、昨年夏、全国的に話題をさらった「噛み付きイルカ」騒動が起きた。

令和4年(2022)夏といえば、「カミツキイルカ」だった。


流行語大賞にノミネートされるかと思った(かすりもしなかった)。

パンク町田氏、大活躍だった(ヨドちゃん騒動の時も)。


さてさて、

本日、新聞を読んだ人が連絡をくれた。

「すずちゃんが寺家を離れたのは、イジメが原因、らしい。可哀想」


すずちゃんは、イジめられた仕返しで、福井で人に噛み付いたのだろうか。


須須神社由緒書に、「イルカを食したもの、イジめたもの、癩病(ハンセン病)になる」と。


イルカの すずちゃんが珠洲に戻って来ますように。

もう2度と噛み付き騒動が起きませんように。

すずちゃんをイジめた人に天罰が下りませんように。




閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comentarios


bottom of page