top of page

クジラと泳ぐ

7/18、北國新聞に、【クジラと一緒に海水浴】という記事が載っていた。

去年現地に行った。時期ではなかったので、クジラも海水浴客もいなかった。

そこの【町立くじらの博物館】で、

「4mを境に、より大きいものがクジラ、より小さいものがイルカ」と学んだ。


大きさによって、クジラとイルカを分けているということに、非常に驚いた。


ところがこの記事では、ハナゴンドウ(体長3m)という「イルカ」を、「クジラ」として記事にしている。

調べてみた。

ハナゴンドウ(花巨頭)は4m以下だが、一般的に(日本では)小型のクジラとされているようだ。

ややこしい。


ミナミハンドウイルカ「すずちゃん」は昨年2.5mだった。最近では、3m近くになったようだ。

そろそろ寺家で子供達と泳いでも良い頃だ。




閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comments


bottom of page