top of page

七夕は雨が多いのか?

結論から言うと、

「七夕」に雨が多くなったのは、明治6年(1873)以降である。

それまでは「太陰太陽歴」を使っていたので、梅雨と重ならず、概ね晴れていた、だろう。

現在の「七夕キリコ祭り」の前後にあたる。

キリコが雨に濡れるということがかつてあっただろうか?


149年前までは、織姫と彦星も安心して会うことが出来た。


閲覧数:31回0件のコメント

Comments


bottom of page