top of page

優秀な三崎女子①

昭和末期まで、三崎中学校の女子部活動は、

「バレーボール」

「ソフトボール」

「ソフトテニス」であった。


ところが、平成になってバスケ馬鹿ともいうべき熱血男性体育教師がやって来た。


そのまま男子バスケットボール部顧問に就任すれば良かったのに、当時、校長が男子バスケ部に口出ししていたので、避ける為、女子バスケットボール部をわざわざ創部した。


結果、それまで毎年珠洲市郡大会で優勝していたバレー部もソフトボール部も、連勝がストップした。テニス部もそこそこ強かったが弱くなった。


それもそのはず、部の数が増えたことで選手層が薄くなったから。


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comments


bottom of page