意地悪な教師達

令和のみさき小学校は知らないが、昭和の粟津小学校には、変な教師が沢山いた。



給食は必ず残さず食べさせる教師がいた。

けれど、「肉」がどうしても食べられない女子児童がいた。

給食時間が終わっても食べられない。

昼休み時間中もずっと食べる努力を続ける。

そのうち、掃除の時間が始まる。


その時間帯になってようやく解放される。「肉」を捨てることが許される。


その女性担任は、持ち上がりだったので、「肉地獄」が2年間続いた。



別の女性教師の話。

昭和の時代は、毎日風呂に入る習慣がなかった。一日おきとか、そもそも風呂がない家もあった。


ある時、風呂はあったが壊れて入れない女子児童がいた。

「○○さん、なんでそんな臭いがー?風呂ないがー?」

皆の前で。

デッカい声で。


放課後、担任の言葉に影響されて、その女子児童の風呂を見に行く児童もいた。しかも土足で。


どちらも、定年まで勤め上げた。


閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月6日(火)北國新聞朝刊に、 珠洲市三崎町寺家の記事、2件載った。 社会面右側にデッカく「すずちゃんは福井に行ったのか」 石川北にもデッカく「60年前のキリコ絵見付かる」 https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/844744 そして、 本日夕方(9/9) 石川テレビニュース 18:09「すずちゃんは福井に行ったのか」 同日同時刻、 スーパーJチャンネル(関東ロー