top of page

石川県知事選挙

珠洲市若山町の古民家に馳浩候補が来られて、1時間半も珠洲焼作家ら7人と意見交換したと、1月20日の北國新聞朝刊に載っていた。


古民家とは冬期休業中の「ギャラリー舟あそび」であり、珠洲焼作家とは篠原敬さんである。


泉谷市長が篠原さんに頼んだのだろう。


「舟あそび」には様々な人が訪れる。お忍びで常盤貴子もやって来る。


常盤貴子は須須神社高座宮にも奥宮にも静かに訪れた。


正月一日、近藤和也衆議院議員も須須神社を訪れ、「特別大大神楽」を上げられた。


「ランプの宿」社長、刀禰秀一さんは、50年間毎年一日に「特別大大神楽」を上げ続けている。


さて、

山田修路候補が寺家を訪れ、小泊辰男珠洲市議会議員の家に挨拶に来られた。

私も会いたかった。

寺家の実情をたっぷり言いたかった。


来月、3月13日投開票。


閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comments


bottom of page