top of page

芸術祭と紙垂とゲートボール

更新日:2021年10月26日

9/4から開催中の「奥能登国際芸術祭」は期間延長した。

(10/24→11/5)


作品は、今回も寺家には無い。隣地区の粟津には今回もある。

(旧粟津保育所)


ただ、須須神社境内、義経石碑傍の鳥居横に、ダンサーQRコードが設置してある。


海をバックに大鳥居下で踊っている。



10/15

大鳥居の紙垂を交換した。


なんと、昨年まで10年以上、田端茂夫さんが、一人で交換してくれていた。



10/24

三崎中学校グラウンドで、老人会のゲートボール大会があった。

今回は団体戦はなく、三崎地区から集まった30人ほどの個人戦のみ。

第2位に寺家の人が入った。





閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comments


bottom of page