top of page

誰に話を通せば良いのか

北國新聞を調べて分かったことだが、どこの祭りであっても、

寄合でキリコ巡行中止が決定すると、翌朝の新聞で、

「中止発表」がなされる。


昼間、拝殿で、中止が決まると、夜、中止説明会がある場合が多い。


翌朝、新聞にも「中止」と載る。


何も問題無いように、筆者には思われるが、

「俺に説明が無かった」とゴネる人もいるらしい(新聞よりも先に、いの一番に知りたいらしい)


説明会に参加出来ない人に対して、

あるいは、その夜、説明会が行われない場合、

役付きが、全軒回れば良いのだろうか。

電話FAXメールでは、スジが通らないのだろうか。



組長が輪番制でなかった頃、昭和40年代頃までは、

総代等、おやっさまに話が伝われば、それで良かった。


現代、おやっさまはいなくなったが、

代わりに、「祭りの神様」というべきか、単なる「ジャイアン」なのか、気を遣わなければならない面倒な人が出て来た。


正院や宇出津でも、そんな話を聞いた。


現状、未だに、説明に回って、酒の相手をしなければならない時代は続いているようだ。


閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月6日(火)北國新聞朝刊に、 珠洲市三崎町寺家の記事、2件載った。 社会面右側にデッカく「すずちゃんは福井に行ったのか」 石川北にもデッカく「60年前のキリコ絵見付かる」 https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/844744 そして、 本日夕方(9/9) 石川テレビニュース 18:09「すずちゃんは福井に行ったのか」 同日同時刻、 スーパーJチャンネル(関東ロー

bottom of page