top of page

超格差社会 寺家

安政4年(1857)の時点で、

寺家の百姓は134軒であった。

村高666石


内、十石以上の高持ち百姓

17軒(12.6%)


十石から一石までの自作兼小作百姓

47軒(35.0%)


一石(一反歩10アール)以下の小作百姓

70軒(52.2%)



なんと17軒(12.6%)に過ぎない高持ち百姓が、

446石、全体の66.9%もの田畑を所有していた。

その一方、一石以下の百姓が、半数を超えていた。


この当時(164年前)、

既にキリコ祭りは、行われていたといわれている。


ただ、揉め事は、少なかっただろう。

格差があり過ぎると、ケンカにならない。

「平等」であるが故に、対立が起こる。


閲覧数:52回0件のコメント

Comments


bottom of page