野生動物の登場は何を意味するか

更新日:2021年9月10日

9/7、七尾の岸壁で、エイを見た。


昨年から、本来、沖に居て、沿岸に寄り付かないはずのイルカ、ウミガメ、そして、エイもやって来た。


イノシシも10年前から現れ、今ではジビエとして供給されるようになった。

能登には居なかったはずのクマも、出没状況が報道されるようになった。

「海を見つめるカモシカ」も県内ニュースになったと聞いた。


かつては、海辺にしか居なかったウミネコ(鴎)を山の田んぼで見たり、山の田んぼにしか居なかったアオサギを海辺で見るようなった。


陸海空とも境界が曖昧になった。

人間との境界も、動物同士の境界も曖昧になっている。


単に「自然環境悪化」が原因だろうか?


コロナウィルスも含めて、

「共生」の時代がやって来た。


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月6日(火)北國新聞朝刊に、 珠洲市三崎町寺家の記事、2件載った。 社会面右側にデッカく「すずちゃんは福井に行ったのか」 石川北にもデッカく「60年前のキリコ絵見付かる」 https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/844744 そして、 本日夕方(9/9) 石川テレビニュース 18:09「すずちゃんは福井に行ったのか」 同日同時刻、 スーパーJチャンネル(関東ロー