top of page

須須守護神太鼓口上文公開

更新日:2020年7月21日

昭和末期、須須守護神太鼓を復活させた立役者の一人、下出岩坂鋭(さとし)家で保管されていた口上文の全文である。


『約二千前、第十代崇神天皇の頃創建された須須神社は、天津日高彦穂瓊瓊杵尊、木花咲耶姫命の御夫婦の大神と美穂須須美命を祀り、「三崎権現」「須須大明神」と尊崇されてきた。

又全国で八万社近くあるといわれる神社の中で伊勢神宮を中心として東北の鬼門をあずかり日本海の守護神、縁結びの神と信仰され災難除けの御神徳あらたかな、御社である。

そうした古い歴史と共に古代より受け継がれてきた太鼓があった。

天照大神より三種の神器を賜った三体の神々とその家来である獅子と海豚が枹にもちかえ一心不乱に打ち鳴らす事により、人々の苦しみや悲しみを打ち払い生活の安定と繁栄を守ったという。

これを須須守護神太鼓という』



閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comments


bottom of page