top of page

飯田町のスナックで、飯田町の女性3人との会話

7,8年前、(もちろんコロナ禍前)、飯田町のスナックに寺家の若い衆4人ぐらいで行った。


先客に飯田町の30,40代女性3,4人がいた。


話しかけてきた。


そのうち、「寺家」と分かると、

「寺家はキリコがデカいと言っても、タイヤが付いているから山車ではないか」と小バカにしたような顔で言ってきた。

【例の柳田村の男性の親戚かもしれない】


彼女の言い分では、

「飯田の燈籠山は山車だからタイヤがあっても良いらしい」


そこで、私は、

「キリコというのは心意気である。担いで心意気を示す地区もあれば、【日本一のデカさ、美しさ】で心意気を示す寺家のような地区もある」と答えた。


納得してくれたかは分からない。


家に帰ってから気付いたが、飯田の春日神社の例祭は9月20日である(7月20日は例祭ではない)。

その際、【飯田町は、タイヤ付キリコ】を出している(寺家に比べてかなり小さい)。


矛盾を感じないのだろうか?


その場で、伝える事が出来ていれば、ぐうの音も出なかっただろう。



それよりも、残念だったのは、一緒にいた「寺家の若い衆」が黙っていたことだ。

完全に存在感を消していた。


閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月6日(火)北國新聞朝刊に、 珠洲市三崎町寺家の記事、2件載った。 社会面右側にデッカく「すずちゃんは福井に行ったのか」 石川北にもデッカく「60年前のキリコ絵見付かる」 https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/844744 そして、 本日夕方(9/9) 石川テレビニュース 18:09「すずちゃんは福井に行ったのか」 同日同時刻、 スーパーJチャンネル(関東ロー

bottom of page