top of page

124年振り!「いるかの三崎詣り(Jumping Dolphin)」  「すずちゃん44秒短縮版」

昨年(令和2年)、124年振りに、「いるか」が三崎詣りにやって来た。

今年も目撃情報多数。


4月4日(獅子の日)より、YouTubeにて公開中。



令和2年、8月5日(水)、14時30分。

石川県珠洲(すず)市三崎町寺家遭崎から姫島間。

日の出丸より撮影。

ハンドウイルカ、体長2.5m。愛称「すずちゃん」44秒短縮版。


須須神社県社昇格慶賀祭 明治29年(1896年)

「数百の海豚、群をして磯近く鳥居の前の海岸に来り、遊泳来往する状、恰も俯仰敬虔するものの如し、見るもの皆神徳の然らしむる所ならんと感じあへり」『珠洲郡志』(大正4年【1915】)


能登名跡志(1777年) 「ある時、権現(須須すず神社の神様)、《獅子いるか?》と宣いしに、イルカという魚有りて答しより、権現の使者イルカといえり。今もこの魚を食すれば三年社参を忌む也。《イルカの三崎詣り》という事あり」

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comments


bottom of page