top of page

2学期始まる

更新日:2021年9月8日

昭和当時は、朝7時23分、寺家バス停(寺脇玄関前)が始発だった。


夏休み明け、出発を待っていると、寺家から小泊小学校までバス通勤していた教師が、


「○○君、夏休みの工作、何作ったが?」

「ブタの貯金箱作ったけど、おっさまに壊されたさかい、落下傘作った」

バスの窓から落として見せた。



最近の子供は、なぜかバスに乗らない。皆、歩くか、親に送ってもらっいる。



ラジオ体操カード、30日以上のハンコを貯めると賞状がもらえた。


今では、6時半スタートではなく、遅れて来た子供が集まってから、「ラジオ体操」ではなく、「録音体操」によってスタートする。


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comments


bottom of page