8月9月の「すずちゃん」の行動を振り返る。そして、、

更新日:2020年10月1日

今年(2020)の7月は、よく雨が降った。梅雨明けは例年より遅く8/1。

梅雨明けの強い日差しと共に1頭のイルカが寺家に現れた。

最初、上野「かいまわし」で目撃された。


8/4、昼前、

大浜を通ると、「ケン美容室」の前で、海を不自然に眺めている女性がいた。気になって声をかけると「イルカおるよ!」


北國新聞記者を呼んだ。

浜から30m程、距離があった。なかなか良い写真が撮れなかった。


8/5、午後、

下出の浜から見えた。

すぐ舟で追いかけた。

築港を超えると、いきなり飛び出て来た。舟と並走した。横に並んで尾ビレでバシャバシャして来た。

一瞬姿を消した。

遠くでジャンプした。

そこから連続して3回ジャンプすると舟の真横。

さらに、舟先で左右にジャンプして進行妨害した後、深く潜って舟尾に現れ、去って行った。

完全に遊ばれた。


探してようやくイルカと遭遇した訳でも、ドルフィンジャンプを撮る為、粘った訳でもない。


待ち構えていたかの如く、現れた。


そのうち、「寺家イルカ」として有名になった。

「すずちゃん」と名付けられた(須須すず神社から取った)。


たまに鉢ヶ崎で観光客に姿を見せたこともあったようだが、基本的にずっと寺家に居た。

特にお盆は大忙しだった。

14金、15土、16日は寄り道パーキング寺家前の海(浜から10m)で、子供達と遊んでくれた。浜に近付き過ぎて腹が海底に着きそうだった。

触られまくっても嫌な顔一つしなかった。朝から晩まで3日連続勤務はさぞや疲れたことだろう。当然の帰結として次の日から3日休んだ。盆が過ぎたので仮に出勤しても誰もいなかったのだが。。

そして20日(木)朝8時、私の家の前を横切って寄り道パーキング寺家を目指した。

その日は1日海水浴客を待ったが、誰も来なかった。さぞや寂しかったことだろう。


それが8月最後だった。


今度は23(日)に、輪島市との境、曽々木窓岩に現れた。26(水)にも現れた。その日は見に行った。やはり「すずちゃん」だった。


その後、清水町仁江町にも姿を見せ、子供や漁師を楽しませてあげたらしい。


そして、9月14(月)、寺家に1日だけ戻って来た。

明治大正昭和平成前期の例祭日。


その後は、沖で目撃情報がある。


私は明日明後日、10/1(木)10/2(金)に来ると予想している。


なぜなら、その日は、旧暦8/15、8/16で明治元年までの200年間、寺家の例祭日だったから。。


三崎のイルカ詣り




閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月6日(火)北國新聞朝刊に、 珠洲市三崎町寺家の記事、2件載った。 社会面右側にデッカく「すずちゃんは福井に行ったのか」 石川北にもデッカく「60年前のキリコ絵見付かる」 https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/844744 そして、 本日夕方(9/9) 石川テレビニュース 18:09「すずちゃんは福井に行ったのか」 同日同時刻、 スーパーJチャンネル(関東ロー