獅子といるか(イソップ物語)

更新日:2020年11月23日

岩波文庫『イソップ寓話集』145番より


ライオンが波打ち際をうろついていると、海豚が顔を出すのが見えたので、同盟を結ぼうと誘いかけた。そちらは海の生き物の王、こちらは陸の動物の王で、2人が友となり味方となるのは最適だ、というのである。


海豚は喜んで同意したが、ライオンは程なく野牛と一戦交えることとなり、海豚に加勢を求めた。ところが、海豚が海から上がろうとしてできないでいるので、ライオンが裏切り者呼ばわりしたところ、答えて言うには


「僕じゃなくて自然に文句を言ってくれ。自然が僕を海のものに造り、陸に上がらせてくれないのだ。」


そこで我々も、友情を結ぶにあたっては、危急の時に側にいてくれることのできる者を選ぶべきである。


閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月6日(火)北國新聞朝刊に、 珠洲市三崎町寺家の記事、2件載った。 社会面右側にデッカく「すずちゃんは福井に行ったのか」 石川北にもデッカく「60年前のキリコ絵見付かる」 https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/844744 そして、 本日夕方(9/9) 石川テレビニュース 18:09「すずちゃんは福井に行ったのか」 同日同時刻、 スーパーJチャンネル(関東ロー