top of page

ジャイアンのルール

先月、近所の母ちゃんがやって来た。玄関先で、他愛も無い話の最中、突然、長年の謎が解けた。


昭和末期、七夕キリコ祭りにおいて、組長をどう選んでいたか?

「最年長の学年の男子の中で、【七夕に入りたい】と、真っ先に伝えた者が組長になる」

つまり、小学校3年生の初日の一言で、中学3年時、誰が組長になるか決まるのだ。


そんな変なルールがあった。

実際、そのルールで、役割分担も決まっていた。


ところが、

調べてみると、

それ以前の年代では、「生まれ順」の年もあったらしい。

さらに以前は、学年を飛び越えて下級生が組長になった年もあったらしい。


先月、話した母ちゃんの子供、他の同級生の生年月日、その年、組長になった者、

つなぎ合わせると、

要は、「組長になりたい」と思ったジャイアン的存在の子供が、

「組長になるために強引に作ったルール」であった。


そのルールがその後長く継承された。


ジャイアンも悪いが、

騙されたのか、忖度したのか定かではないが、

従った代々のスネ夫、のび太も阿呆であった。


だが

こんな些細なことがトラウマになる場合もある。


以前、当時60,70代の人で、「絶対に祭りに帰らない」という人がいると聞いた。

○○と△△にイジメられたから。


近年、どの地区も担ぎ手不足が深刻化している。

遠方にいても戻って来る人、近くいても戻って来ない人、 それぞれの考え方だが、


子供の時の「わだかまり」を一生引きずっていくのは、双方にとって、もったいない。


今は、少子化で、イジメも相手がいなくて存在しないのだろうか。

皆、「寺家の宝」として大事に育てられているのだろうか。


閲覧数:84回0件のコメント

最新記事

すべて表示

果たして、この度なんの「むくひ」で津波が起こったのか

石川県民必読の月刊誌「加能人」4月号(4/11発売) コラム「のともんだより」を執筆しました。 原稿を載せます。 令和6年元日、年が明けてようやく終わった大掃除に一息ついて2階の自室から海を眺めると、県道をジョギングする人が見えた。のどかな風景の中、アイスクリームの蓋を捲った瞬間、椅子を突き上げるような縦揺れがドンと来た。 すぐ外に出た。いつもの海だ。若い男性は何事もなかったかのように走り続けてい

Comments


bottom of page